• トップ /
  • 1人暮らしの家探しに必要な費用

家探しの費用には数十万円かかる

進学や就職の際に1人暮らしを始めるという人も多いでしょうが、気になるのは、その家探しにいくらかかるのかということでしょう。初期費用としては、「住居費(賃貸費)」と「引っ越し代」、そして「生活用品の購入費」の、主に3つが必要になります。まず、1人暮らしの家探しにかかる「住居費」に関しては、敷金・礼金と仲介手数料、そして前家賃を合わせると、一般的には家賃の6か月分がまず必要になります。さらに火災保険(1万5千円程度)や鍵交換費(1万円程度)が基本的に必要となります。これらの費用を合計すると、家賃の6~7か月分になるため、仮に家賃が5万円である場合なら30万~35万円程度かかることになるでしょう。次に「引っ越し代」に関しては、引っ越しの専門業者へ依頼する場合だと4万~5万円程度が相場になります。また、引っ越しの多い3月や4月というシーズンを避けたり、土日を避けるなどすると費用を安く抑えることができます。さらに「生活用品の購入費」に関しては、全て新しく買いそろえるという場合であれば、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった家電や、布団・カーテン・食器などの生活用品を購入する必要があり、合わせて20万円程度が必要になるでしょう。以上の費用を合計すると、1人暮らしの家探しをする場合にかかる初期費用は、家賃5万円の場合だと55万~60万円程度になると言えます。

↑PAGE TOP